サウンド&動画ギャラリー

金子忍が作曲や編曲をした曲、歌い手として歌った音源、動画をお聴き(ご覧)いただけます。

自作編曲

金子忍が作曲や編曲をした曲です。

演劇・ミュージカルの音楽

音楽を担当した演劇やミュージカルの劇中歌です。

『走れ、はやたろう』(劇団銅鑼)

初演・創立40周年記念マンスリー公演版

正式演目 全国上演版


作詞:馬渕真希・渋沢やこ/作曲:金子忍

歌:馬渕真希・渋沢やこ

 

劇団銅鑼創立40周年記念マンスリー公演として制作され、好評を受けて劇団正式演目としてリメイクされた『語り芝居-はやたろう』の挿入歌。

劇団正式演目としてリメイクされる際に、歌詞が追加され、曲もリメイクしました。

『語り芝居-はやたろう』は、学校芸術鑑賞教室作品&おやこ劇場子ども劇場例会作品として、全国で上演されています。

 

青葉区小中高生ミュージカル

2001年開始の第1回より全ての作品の音楽を担当させていただいている、私の代表的な仕事です。単曲として『合唱曲』『子どものための歌・愛唱歌』といえる曲もいくつも生まれています。 カラオケによる伴奏ですが、多くの曲が二部合唱曲になっています。

 

“青葉区小中高生ミュージカル”は、神奈川県横浜市青葉区で2001年に発足して活動を続けている、出演者が小中高校生のみの市民参加型ミュージカルです。毎年、一般公募で集まった、主に青葉区在住・在学の小学校三年生から高校三年生までの児童生徒30~50人が、プロの指導のもと、4~5ヶ月の稽古で90~120分のオリジナルミュージカルを作り上げています。

『時は流れて』

作詞・井上弘久作曲・金子 忍
オーケストレーション・渡邉禎史
歌唱指導・さとう順子
歌・青葉区小中高生ミュージカル2015

2013年度上演作品『飛べ、青い鳥!~誕生青葉高校歴史探偵団~』(脚本:井上弘久)の挿入歌として歌われた曲で、青葉区の過去から現在までの歴史をたどりながら未来を生きる子どもたちへの願いと祈りがこめられています。
この動画の音源は、2015年度に再演した際の本番舞台録音です。

『未来へ!~あの日夢みたもの』

作詞・かめおかゆみこ作曲・金子 忍
オーケストレーション・渡邉禎史
歌唱指導・さとう順子
歌・青葉区小中高生ミュージカル2015

 

『あの日夢みたもの』は、2001年度上演作品『手古奈~入り江の花の物語~』(原案:小畑明日香/脚本:かめおかゆみこ・構成演出:井上弘久)の挿入歌(終曲)として歌われ、2003年度からは、青葉区小中高生ミュージカルのテーマ曲として毎回ラストにカーテンコール曲として歌われています。
『未来へ!』は2002年度上演作品『愛しのチャイナタウン~海を渡りし民の物語~』(脚本:かめおかゆみこ・構成演出:井上弘久)の挿入歌(終曲)として歌われた曲で、「ぜひ再び!」という声を受けて、2010年度作品『こどもの国物語2010~よみがえる歌声~』のオープニング曲として復活。2011年度からは『あの日夢みたもの』とともにエンディング曲として歌われています。



子どものための歌・愛唱歌

子どもが歌ったり、子どもを対象に歌うことを前提に作った歌ですが、大人を対象にした場面でも歌わせていただいたり、お客様と一緒に歌ったりしています。

『劇とあそびのこどもまつりの歌』(全児演関東ブロック)

 子どものための舞台表現に関心を持つ表現者(プロ&アマ)と鑑賞者の団体『全国児童青少年演劇協議会』(略称=全児演)の関東ブロックが2010年から毎年11月3日(文化の日)に行っている『劇とあそびと平和のこどもまつり』のテーマソング。
観客のみなさんと一緒に歌えるように、コールアンドレスポンス形式(追いかけ歌)になっています。

 

『ネバーランドの星』

作詞:のなかゆみ/作曲:金子忍

 

病態解析研究所主催 第2回健康セミナー&音楽コンサート

(於・2014年12月、厚木市文化会館小ホール)より

 

 “CUOON&NYAAGO+金子忍”

コントラバス&ボーカル 吉田水子

ギター 竹内永和

ボーカル 金子忍

 

こどもミュージカルゆうとぴあの『ピーターパン』のために作曲した曲ですが、吉田水子さんとの共演で生演奏で歌わせてもらっています。

 


クロスオーバージャンル

どれかひとつのジャンルにいれることはむずかしい、いくつかのジャンルにまたがった作品です。ポピュラー音楽に近い部分もありますが、流行を追わず、時代や世代を超えて聴いていただける曲です。

『そっと・・・』

作詞:かめおかゆみこ/作曲:金子忍

歌:大山奈緒&齋藤大輔

 

2011年の東日本大震災をきっかけに、様々な理由で心を痛めておられる方がやすらぎをとりもどしていただける、そんな歌を届けたい、という想いから生まれた楽曲です。
その想いを共有した仲間達“『そっと…』プロジェクト”によってCD化し、無償配布しています。

 多くの方に生演奏もしていただきやすいように、ピアノ・バイオリン・チェロのシンプルな楽器構成でアレンジしました。

 CDには、動画のデゥエットバージョンの他、女声ソロ、男声ソロ、女声(子ども)二部の4つのバージョン(それぞれkeyが違います)とカラオケが収録されています。

 


歌曲

『日の光』

詩:金子みすゞ
曲:金子 忍
コントラバス演奏&歌:吉田水子

 

コントラバス奏者・吉田水子氏の委嘱により、コントラバス1本の伴奏による歌曲として作曲しました。

2015年の『ばんだい高原音楽祭』にて初演。その後、多くのライブで、弾き語りで演奏されています。

 

 

合唱曲

大人の合唱団に歌っていただくことを前提に書いた、ピアノ伴奏の混声合唱曲です。

『烏百態』

詩:宮沢賢治(『文語詩集』より)/作曲:金子忍

 

指揮/岡田和夫
ピアノ/古川佳園
歌/第一混声合唱団

 

東京都三鷹市周辺で活動する『第一混声合唱団』の委嘱で作曲した混声四部合唱作品。

指揮の岡田和夫氏作曲の、宮沢賢治に関わる曲を中心に構成された演奏会、

第一混声合唱団コンサート2014 『ヨク ミキキシ ワカリ ソシテワスレズ』
(2014.10.29 於:武蔵野公会堂パープルホール) にて初演されました。

 

 

 

『齋太郎節』

宮城県民謡/混声四部合唱編曲:金子忍

 

指揮/岡田和夫
ピアノ/古川佳園
歌/第一混声合唱団

 

宮城県民謡を『第一混声合唱団』の委嘱により混声四部合唱曲に編曲しました。

2011年の東日本大震災をうけて東北をテーマにした“第一混声合唱団コンサート2012『風~ここは銀河の空間 東北の野原』”にて初演されました。

また、“こだいら平和合唱団どれみ”によっても“平和コンサート”(東京都小平市)において、2012年と2014年に、2度演奏されています。

 

 

 




自作以外の曲

他の方の作曲された曲を、金子忍が歌わせていただいた音源です。

『おばあちゃんの記憶』

作詞作曲/北島尚志

編曲/金子忍

 

病態解析研究所主催 第3回健康セミナー&音楽コンサート

於・2015年7月、厚木市文化会館小ホール)より

 

 “CUOON&NYAAGO+金子忍”

コントラバス&ボーカル 吉田水子

ギター 竹内永和

ボーカル 金子忍

 

編曲を担当させていただいた、NPO法人 あそび環境Museumアフタフ・バーバン公演作品『ゆらとまぁばあちゃん~おばあちゃんの記憶~』の主題歌を、ギターとコントラバスの生演奏にアレンジして歌わせていただきました。

『雪解け、そして春』

 作詞・作曲・編曲:まちまち

歌 :金子 忍


小説のイメージ曲を歌わせていただき、動画も作らせていただきました。

歌の元になっている小説は、心がほっと温かくなるすてきな作品です。


ピクチャーノベル

「OJIトキ!~想い 空のかなたへ」

著・有賀順平
イラスト・作野周史(一般書籍版)/芝山ヒデアキ(電子書籍版)

発行・三恵社

特設サイト→www.sankeisha.com/ojitoki/


一般書籍版=Amazonにて好評発売中。→https://www.amazon.co.jp/gp/product/4864875014/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

 

電子書籍版は特設サイト内にて販売リンクがあります。