「ことだま」の「しらべ」を紡ぐ

作曲家 金子忍 のWebサイト

金子忍の音楽制作用デスク。i-Mac、キーボード、演劇台本。
演劇と子どものための歌を中心に、ことばを大切にした作曲活動を展開している作曲家・金子忍のWebサイトです。

緑文字をクリックするとリンクが開きます)

「ことば」の内なる響きを歌に

                                             
 日本語のことばには、

それぞれのことばがもともともっているリズムと抑揚、

そして「しらべ」があります。

それは、そのことばの意味と“感情”を自然に表現しています。


 私の作曲の基本は、

ことば自身のもつ自然なリズムや「しらべ」を生かすこと。

 

 ことばに耳を傾け、

ことばに内在する「しらべ」を引き出し、

ことばの心を伝える、

自然なメロディーと和音を紡ぎ出してゆきます。


これからの舞台・最近の仕事等


おんがくおしばい『おじゃま猫とたまご』

音楽創造団体吉田水子企画のメンバーとして

おんがくおしばい『おじゃま猫とたまご』
~赤ちゃんとお母さん、お父さん、かつて赤ちゃんだった人に贈る~                 
 という作品に楽曲提供および出演しています。

挿入歌13曲は、全曲書き下ろしオリジナル。

コントラバス奏者の吉田水子さんと2人で、

様々な楽器を持ち替えて生演奏しながら歌い演じる、

物語とドラマのあるコンサートで、

フルバージョンは約45~50分の作品です。

 


命が誕生するまでの10 か月間の物語

おじゃま猫のニャーゴが大切にしているかわいい「たまご」に
コウノトリさんが命を宿してくれました。
ニャーゴは「たまご」を大切に育てます。
夏秋冬と季節は巡り、やがて春になるとニャーゴのたまごは…

原案・構成・演出:吉田水子 
脚本・作詞:ひきだ愛音& サカイリユリカ

( 戯曲本舗)
作曲:金子忍 
出演: 吉田水子・金子 忍

 

好評をいただき、2018年度子ども劇場おやこ劇場企画に提出しています。

http://kodomo-butai.jp/event-page/1841815001

 全国の子ども劇場おやこ劇場さんの他、幼稚園、保育園、老人ホーム、赤ちゃんとお母さんお父さんのための成人学級や母親学級などで、全国のみなさんに観ていただく機会が増えていくと、大変嬉しいです。


マグカルフライテー参加 “『おじゃま猫とたまご』+『おじゃま猫と小さなともだち』(抜粋版)”

  日時:2017年12月8日(金)11時~/19時~・9日(土)11時~/14時~

 

場所:神奈川県立青少年センター多目的プラザ

(神奈川県横浜市)
主催:吉田水子企画・マグカルシアター実行委員会
共催:神奈川県立青少年センター・神奈川県演劇連盟
出演: 吉田水子・金子 忍・石井有子(『おじゃま猫と小さなともだち』のみ)

 

料金:

 大人:8日11時の部1500円/19時の部2000円

      9日(前売)2500円/(当日)2800円

 小~大学生等:1000円 

 未就学児500円 ※お膝だっこ無料 

 8日11時は乳児(無料)&大人限定

詳しくは→こちら

 


かぶらの里童謡祭

富岡市議会議長賞を受賞しました。

 

群馬県富岡市で開かれた第30回かぶらの里童祭における童謡作曲募集で、富岡市議会議長賞をいただきました。

http://www.city.tomioka.lg.jp/www/contents/1495416159742/index.html

 

290名・368作品の中から選んでいただいたというとてもありがたい受賞で、6月11日に行われた童謡祭で行われた表彰式にも出席させていただきました。

審査員の先生方や富岡市の関係者の方々もたいへん温かく、心温まるすてきな童謡祭でした。